2018年02月16日

夢☆☆☆

内容は思い出せないのですが
3夜連続、義母の夢を見ました

両親の夢もよく見るのですが
義母の夢を連続して見たのは初めてなので
なんか、不思議な感覚になりました。

私に言い残した事でもあるんでしょうかね


松島海岸で
WS000000.JPG
ふと、見つけた懐かしい写真。



夫は一度も両親の夢は見てないそうです
てか、夢って見ないんですって!

いやいや〜、見てるはずだよ
忘れてるだけでしょ

だって、時々寝言言ってるもん



あ、そういえば

最近の私、金縛りに遭ってないなぁ

あれは、ほんっっっっっと!に恐ろしい

一時期、毎晩のように金縛りに遭って

寝るのが怖かったもん

平和な気持ちでゆったり眠れるって


し・あ・わ・せ








応援のクリック☆お願いします。

人気ブログランキングへ
posted by チーちゃん at 07:42| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
夢って大体が、話が飛んだり矛盾してたりアリエナイことだったりよね
それって、翌朝にストーリーとして思い出すこと自体無理なんだと思うの
怖かったとか、焦ったとかは覚えてるんだけどね

私は金縛りは無いけれど、足がドタッバタッと(布団の中で暴れてるのかなぁ)したり、時に攣ったり
平穏に一夜が明ける朝はホッとしますね
Posted by ば〜ば at 2018年02月16日 12:08
★ば〜ばさん

こんばんは^^
確かに夢って断片的で矛盾だらけですね
だからなのか、目覚めと共に忘れちゃいます
たまに、リアルに覚えてる時もあって
夢か現実?って不思議に思う事もあります。

>平穏に一夜が明ける朝はホッとしますね
ほんとですね〜、何事もなく目覚めると安心します^^@
Posted by チーちゃん at 2018年02月16日 21:56
義母様、チーちゃんに会いたくなったのかもですよ☆
(*^^*)
なんだかんだあっても、チーちゃんは義母様に優しくていろいろしてあげてらしたもんね。
言葉や態度に出して感謝を表せなかったこともあったのかも。
きっと天国から感謝の気持ちを伝えているんじゃないかな♪

magu7☆も子供のころにしょっちゅう金縛りになって。。
あれは怖い(◎_◎;)
どうして金縛りになったりするんだろうね(^^?
とにかく安眠できるのが幸せだよね〜
Posted by magu7☆ at 2018年02月17日 11:22
あっ、私も金縛りから遠のいてるわ。
あれって本当に怖くて辛いわ。
最後はいつだったかな〜。


夫が夢に出て来てくれません。
亡くなってから何回出て来たかな。
元気だったころ、病気になってからだったりその時々で違うのよ。
内容はあまりはっきり覚えてないけどね。
チーちゃんもお義母様の夢の内容はあまり覚えてないのね。
Posted by けいこ at 2018年02月17日 19:13
チーちゃん様

miyashitaも良く夢を見ます。
ただ…
覚えている時とすぐ忘れてしまう時があります。
夢も記憶力だとか〜。
きっとご主人様も夢は見ているけど、
忘れちゃっているんでしょうね〜(^_^;

金縛りは怖いですよね〜〜〜(ーー;)
miyashitaも何度か経験しています。
自分の体が動かずに声も出せない恐怖は
今でも忘れません。

寝ているときは平穏で穏やかに
熟睡したいですよね〜。
Posted by miyashita at 2018年02月17日 22:50
★magu7☆さん

ちょっと義母には厳しかったかな、と思う時もあります
義母との出来事に対する後悔や反省やいろいろ・・・
そんな想いが夢に現れるのかなぁ

優しいコメントありがとう〜嬉しいです^^@

金縛りは怖いものね〜≧≦~
それが子供のころだったなんて、可哀想〜
今は安眠出来てるのね、良かったぁ^^@

★けいこさん

数年前までは毎晩のように遭ってました≧≦;
あれはほんとに怖いよね!

夢って目覚めと共に内容は忘れちゃいますね
思い出そうとすればするほど頭の中が真っ白になります
時々リアルな夢を見て切なくなる時もあって
つくづく夢って不思議だなぁ、って感じます^^;

★miyashitaさん

>覚えている時とすぐ忘れてしまう時があります。
そうなのね、しっかり覚えてる夢あるから不思議〜
夢の続きを見る時もあります^m^;

金縛りにあう時って、分かるのよね
起きようって思うんだけど、体が動かない・・・
ホントに金縛りは恐怖です
何事もなく目覚めた朝はホッとしますね^^@
Posted by チーちゃん at 2018年02月19日 07:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: